離乳食

【離乳食のかぼちゃ1週間分】我が家の簡単レシピ

かぼちゃ
かぼちゃは甘くて美味しいので、初期の離乳食にとり入れると

赤ちゃんが食べるのを好きになってくれるかもしれませんね。

かぼちゃって、固いから離乳食にするのは大変そうだな

という印象もありますが、ポイントをおさえればけっこう簡単にできるんですよ。

手を上げる女性

こんにちは。 39歳1児のママ〈ピッピー〉です。

【育児は愛情を持って、できるだけ手軽に無理せずハッピーに】をモットーに毎日奮闘しています。

「簡単に作れる離乳食」を実践中です♪

この記事では

  • 離乳食のかぼちゃレシピ
  • 我が家の「初かぼちゃ離乳食」の様子

を紹介します。

参考になったら嬉しいです。

 

【離乳食かぼちゃ】の作り方

1日1回食・小さじ1杯・1週間分の作り方です。

材料

  • かぼちゃ: 皮、わた、タネを取った状態で50g
  • 水: 適量

作り方

 かぼちゃの皮、わた、タネを取る (50gくらい用意)

かぼちゃ

 1~1.5cm角くらいに切る

かぼちゃ

 鍋に水、かぼちゃを入れ沸騰させる

かぼちゃ

 沸騰したら弱火で5分ほど茹でる(竹串で刺してスーッと通るようならOK)

 裏ごしする(ブレンダーやミキサーでもOK)

離乳食

 製氷皿などに入れて冷凍(1週間で使い切る)

↓ かぼちゃ50gでちょうど一週間分(小さじ1杯ずつ)できました。

離乳食

 解凍は600Wで30秒くらい

 湯冷ましを加えながら固さ (ポタージュ)、温度 (人肌)を調整する

かぼちゃ離乳食

ピースする女性

かぼちゃの離乳食を簡単に作るポイントは、

  • かぼちゃを小さく切る
  • 皮はむいてから茹でる

です。
これだけで時短になりますよ♪

我が家の初かぼちゃ離乳食の様子

離乳食

かぼちゃを始める前に

10倍粥 → にんじん → 豆腐 → だいこん

と進めてきました。

食べることにはけっこう慣れてきて、にんじんも食べられるようになったので
甘いかぼちゃは楽勝かも!と思ってチャレンジしましたよ。

黄色で目に入りやすかったみたいで、興味津々で見つめていました。

 

スプーンを口に運ぶと「あー」と口を大きく開けて、スムーズに食べてくれましたよ。

にんじんや大根の時は、顔をしかめて身震いまでしていたのに(笑)。

やっぱり甘くて美味しかったんでしょうかね♪

かぼちゃをあげる時の注意点

焦る

初めてかぼちゃをあげてみて失敗したのが、

「洋服にこぼれると色が付いて取れにくい!

ということです。

 

離乳食の時はスタイをつけるつもりでいるのですが、バタバタしていたりうっかりしていたりで

つけたりつけなかったりしていました。

それで初かぼちゃの時も忘れていたら、黄色いシミが……

 

染み抜きしてみたのですが、今もうっすら黄色いのが残ってしまっているんです(泣)

スヌーピーの可愛いツーウェイオールだったのになぁ。

何回か洗濯していくうちにもっと薄くなったらいいのですが。

それ以来、食事の時はスタイをつけるようにしています。

 

色がつきやすいものをあげる時は、気をつけてくださいね!

まとめ

がんばろう

かぼちゃは固くて離乳食にするのは大変そうなイメージがあるかもしれませんが、

  • 皮をはじめから剥く
  • 小さめ(1~1.5cm角くらい)に切ってから茹でる

ことで、簡単に時間も短く作れます。

1週間分冷凍すれば楽ですよ。

 

離乳食が進んでいくと品目も増えるので大変ですが、ひとつひとつ確認しながら

赤ちゃんと一緒に頑張っていきましょう!

-離乳食

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5