離乳食

【しらす離乳食】初期の簡単レシピ

離乳食

しらすは、離乳食初期にあげていい食材のひとつ。

お粥や野菜に慣れたら(1ヶ月くらいしたら)積極的に摂りいれたいものです。

 

しらすには、たんぱく質やカルシウムが含まれていますよ。

我が家では、豆腐の次にあげたたんぱく質が「しらす」でした。

手を上げる女性

こんにちは。39歳1児のママ〈ピッピー〉です。

育児は愛情を持って、できるだけ手軽に無理せずハッピーにをモットーに毎日奮闘しています。

この記事で紹介すること♪

  • しらす離乳食の初期レシピ
  • 息子の「初しらす」の様子

離乳食作りの参考になったら嬉しいです。

しらす離乳食のポイント

しらす干し、ちりめんじゃこは塩分が多いので使うのは「釜揚げしらす」がおすすめです。

ポイントは

  • 塩分を抜く
  • よくすり潰す
  • 小さいエビやカニが混ざっていないか確認して、あったら取り除く

 

メガホンを使う女性

何かあった時のために、初めてあげる場合は

  • 小さじ1杯から始める
  • なるべく病院の開いている午前中 (アレルギーが出るかもしれないから)にする

ことに気をつけてくださいね。

【初期のしらす離乳食】の作り方

1日1回・小さじ1杯・1週間分の作り方です。

材料

  • しらす:小さじ7~8杯分

しらす

  • 水:適量

作り方

鍋に水を入れて沸騰させる

しらすを入れて3分ほど茹でる(茶こしやザルに入れると引き上げやすい)

しらす

↑ これで塩分が抜けます

よくすり潰す

離乳食

製氷皿などに入れて冷凍(1週間で使い切る)

離乳食

解凍は電子レンジ600Wで20~30秒くらい

湯冷ましを加えながら、温度(人肌)と固さ(ペースト状)を調整して完成

離乳食

 

離乳食作りは、大好きな我が子のためなので嬉しい気持ちもありますが

ちょっとずつ色んな種類を作るのって大変なんですよね。

疲れが溜まっていると、「誰かやってくれないかな……」と思うこともしばしば。

グッドサインの女性

そんな時は、頑張りすぎずレンジでチンするだけの離乳食を使うのもおすすめ。

面倒な裏ごし作業がないだけでも助かりますが、1回分ずつ小分けになっているんですよ。

特に下ごしらえが鬼のように大変な「トウモロコシ」は、自分で作るのは時間がかかりすぎる!

便利なものを使ったほうが効率がいいです。

 

★パルシステムの「うらごし野菜シリーズ」は人気ですよ♪

生協は他にも

コープの宅配

コープデリ

【生活クラブ】

などがあり、忙しいママたちにおすすめです。

息子の「初しらす」の様子

しらすは茹でている段階で、魚臭さがあったので「抵抗なく食べられるかなぁ」

とちょっと心配していましたが

1口目から普通に受け入れてゴックンしてくれました。

「これで食べられるタンパク質が増えたー!」と嬉しくなりましたよ。

離乳食

↑ お粥・豆腐・しらすを混ぜると食べやすいらしく、パクパク食べています。

離乳食
離乳食の進め方

離乳食を進めていくには 初期 (5~6ヶ月頃) 中期 (7~8ヶ月頃) 後期 (9~11ヶ月頃) 完了期 (12~18ヶ月頃) と段階があり、少しずつ食べられる種類を増やしたり硬さを変えていきます。 ...

まとめ

女性

しらす離乳食作りのポイントは

  • 塩分の少ない「釜揚げしらす」を使う
  • 小さいエビやカニを取り除く
  • 塩抜きをする
  • よくすり潰す

です。

これから美味しいご飯を食べて、グングン成長していってほしいです。

 

\資料請求で人気商品がもらえます/

 

-離乳食

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5