離乳食

離乳食初期の【簡単!ブロッコリーレシピ】

離乳食

ブロッコリーは離乳食初期からあげることができる野菜です。

マヨネーズやドレッシングをかけなくてもとっても美味しい♪

赤ちゃんも食べやすいですよ。

ビタミンC、たんぱく質、ビタミンE、葉酸、カリウムなどが含まれています。

栄養たっぷりの野菜なんです。

手を上げる女性

こんにちは。 39歳1児のママ〈ピッピー〉です。

育児は愛情を持って、できるだけ手軽に無理せずハッピーにをモットーに毎日奮闘しています。

この記事で紹介すること♪

  • 離乳食初期のブロッコリーの作り方
  • 我が家の「初ブロッコリー」の様子

ブロッコリー離乳食のポイント

  • 茎の部分は繊維があるので避けたほうが作りやすい

※ 初めての食材をあげる時は、病院が開いている日のできれば午前中(時間が経ってからアレルギーがでることもあるため)に小さじ1杯から始めて様子をみてくださいね。

ブロッコリーは比較的アレルギーの出にくい食材ですが、念のため気をつけてあげてください。

【初期のブロッコリー離乳食】の作り方

1日1回食・小さじ1杯・1週間分の作り方です。

材料

  • ブロッコリー:ふさ3個くらい(茎部分は繊維があるので避ける)

ブロッコリー

  • 水:適量

作り方

ブロッコリーをよく洗い、小分けにする

鍋に水を入れて沸騰させ、ブロッコリーを入れ柔らかくなるまで茹でる (5分くらい)

(電子レンジの場合はみじん切りして耐熱容器に入れ、水を少量加えてからラップをして600Wで3分ほどチン)

ブロッコリー

 すりつぶす (ブレンダーなどでもOK)

離乳食

製氷皿などに入れて冷凍保存 (1週間で使い切る)

離乳食

解凍は電子レンジ600Wで20秒くらい (やりすぎると焦げるので注意!)

湯冷ましを加えながら、温度(人肌)と柔らかさ (ペースト状)を調整

離乳食

ため息をつく女性

離乳食は、赤ちゃんのためだけに作ると種類も多いので大変ですよね~。

なので大人のご飯を作る時に、ついでに赤ちゃん分をとっておくといいですよ。

後で潰したり裏ごしするだけの状態にしておくと楽です。

最初の頃は、息子のためだけに6種類くらいの食材を使って一気に作っていたのですが
時間がかかって大変でした(汗)。

ひらめいた女性

★簡単にしたいなら離乳食作りの時期は生協を使うのもおすすめ♪

裏ごししてある野菜が小分けになっているので、レンジでチンするだけで終わるんです。

これだと楽だし、家族にも頼みやすいなと思います。

パルシステムには「うらごし野菜シリーズ」があって人気ですよ~。

資料を請求すると人気商品ももらえます♪

 

生協だと他にも

コープの宅配

【生活クラブ】

コープデリ

がありますよ。忙しいママにおすすめです。

息子の初ブロッコリーの様子

息子は今まで、「お粥、豆腐、しらす、人参、大根、かぼちゃ」を食べています。

一口目は抵抗があったものもありますが、2口目からはわりと普通に食べていました。

なので「ブロッコリーもきっと大丈夫だろうな」

と思っていたら、やっぱり平気でした。

どんどん食べたがったので好きな方だと思います。

離乳食

ブロッコリーがあると、離乳食が一気に華やかになって見た目にも美味しそうです♪

↓ 離乳食の進め方はこちらも参考にしてみてください。

まとめ

ピースする女性

ブロッコリーの離乳食のポイントは

  • 柔らかく茹でる
  • 茎の部分は繊維があるのでよけて使う
  • 解凍時は、温めすぎると焦げるので気をつける

です。

まだリンゴとかバナナのフルーツを試していないので、次は作ってみようかな♪

 

-離乳食

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5