妊娠後期

妊娠10ヶ月に入って体が辛い!トイレが近くなるのを防ぐ方法を発見




妊娠10ヶ月

妊娠10ヶ月、37週になりました。

37週からは正産期と言われて、赤ちゃんがいつ生まれても大丈夫という時期です。

入院に必要な荷物もまとめたし、心構えもできてきました。

ですが、体は不調なことが多くなってきました(汗)。

とにかく夜が眠れないし、寝返りできないしすぐに起きてしまいます。

妊娠10ヶ月は体が辛い

足のむくみ

9ヶ月くらいまでは、お腹は大きくなっているもののまだ余裕がありました。

体もそこまで痛くなかったし、順調だなぁと思っていました。

でも10ヶ月に入ったとたん、辛いことが一気にやってきたんです。

むくみ

まずは「むくみ」。

足ってこんなにパンパンになるんだ!というくらいにむくんでしましました。

以前アキレス腱の手術をしたことがあってその時もむくんだのですが、今回はその3倍くらいです。

むくむと歩くのも痛くなるものだなんて、初めて知りましたよ!

寝る前にマッサージをしたり、足首を回したりなるべく動かすようにしてもすぐにまたむくんでしまいます。

足がパンパンで痛すぎて、今は爪先立ちができないような状態です。

むくみが辛い場合は、塩分を控えるようにするといいそうなので

なるべく薄味で頑張っています。

恥骨や脚の付け根の痛み

何をすると痛いというわけではなく、恥骨や脚の付け根の痛みが急にやってくるようになりました。

痛みがやってくると、お股を手で押さえないと耐えられないことも多いので

外出先では困ってしまいました。

これは、出産が近づいているサインなのだそうです。

トイレトラブル

お腹が大きくなって膀胱を思いっきり圧迫しているので、トイレがものすごく近いです。

近いわりにそんなに出ない……ということが多いです。

 

それに、トイレに行こうと思うとすぐに出そうになってしまうので

この時期は尿モレパッドがあるといいかもしれません。

 

すぐに行きたくなる原因を自分なりに分析してみたのですが、

  • 膀胱が押されているから、尿も全部でてくれないのではないか?
  • だから余計すぐに行きたくなるのではないか?

という可能性を考えました。

尿を出そうとしている時に、お腹の角度を変えたり腰をちょっと浮かしてみたりして体勢を変えると

ただ座っているだけの時よりも膀胱に残っている尿がスッキリと出てくれました!

なので、トイレが近くなるのをある程度防止できましたよ

それ以来、ウネウネと動きながらトイレを済ませています。



寝返りをうてない・すぐに起きる

こんなことってあるんですね!

全然寝返りをうてなくなってしまいました。

なので、起きると体がガチガチに固まってしまっています。

体がむくんでもいるので、布団の跡もくっきり付いてしまっています。

 

胎動があったりトイレに行きたくなったりで、だいたい3時間おきくらいに起きてしまうので

その度に右を向いたり左を向いたりと変えてはいますが、それでも体が辛いです。

お腹が重たすぎると体勢を変えるのも一苦労です。

胎動が激しい

妊娠10ヶ月には入ると、胎動が落ち着いてくるという雑誌などの記事を見ていたのですが

わが子は違いました。

あまり動き回れないけれど、動ける範囲で全力でキックやパンチをしているといった様子です。

 

いつもお腹の右上をグリグリしてきますし

かかとのようなものが頻繁に飛び出てくるんです。

お腹の下あたりは頭突きでもしているのか、ドン・ドンと鈍く響いています。

たまに勢い良くキックされると、「あーーーー!」と声が出てしまいます。

まとめ

女性

正産期に入って、心の準備ができてきましたが体は辛くなってくるものなんだなと思いました。

我が子はずっと大きめと言われているので、できることなら早めに生まれてきてほしいです。

 

無痛分娩を希望しているので、次回の検診で子宮口の開き具合を見て入院日が決定するかもしれません。

先日出産した友人も無痛分娩を希望していたのですが、まだ子宮口が開いていないと言われていたのに陣痛が来て出産ということになったので

何が起こるか分かりませんよね。

どうなることやら、ドキドキです。

どうか無事で元気に生まれてきてくれますように。



-妊娠後期
-,

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5