高齢出産

友人が【無痛分娩で出産】予定より前に陣痛が来た!

出産




先日、仲の良い友人が無事に出産しました~!

予定日が約1ヵ月違いだったので、妊婦仲間として励ましあったり支えあってここまで来たので

無事に産まれたという報告をもらった時は本当に嬉しかったし感動しました。

友人とは偶然、病院も一同じだったんですよ。

無痛分娩は予約制

私がお世話になっている病院では無痛分娩を実施しているのですが、

一日3組と決まっています。

なので、出産予定日間近になると子宮口の開き具合を見て

入院日を決めて無痛分娩をするという流れです。

 

なので、急に陣痛が来てしまって枠がいっぱいだった場合は

無痛分娩ができないことになってしまうんです!!

あと、土日や深夜もできないので

無痛分娩をするには予定通りに入院するのがベストなのです。

 

友人は、直近の検診で「まだ子宮口が開いていないですね」と言われた約一週間後に陣痛が来ていました。

いつ何が起きるか分からないものですね。

でも結局出産したのは、予定日の2日前でした。

出産予定日ってすごいですね。

はじめに予定日を算出した人ってすごいなーと思います。



予定前に陣痛が来た

友人は、入院の予定を組む前に陣痛が来て出産することになったわけですが

無痛分娩で産めることになって本当に良かったと言っていました。

これが土日や深夜、枠が埋まっていたらできなかった訳なので……ラッキーでしたよ。

 

私もラッキーが起こるか、予定通りに入院して出産したいです。

これはもう祈って、ベイビーのタイミングに任せるしかありません。

とにかく無事に、元気に生まれてきてほしいです。

次は38週の妊婦検診

次回は38週の妊婦検診があります。

まだ一週間あるので、その間に陣痛が来ないかドキドキしています。

前回、「破水かも!?」と思って急遽病院に行った経験があるので(→ 妊娠35週で【破水したかも!】病院に行ってきました)

何かあった時にそこまで焦らずにいられるかな?とは思うのですが

なんせ初めてのことばかりなので毎日不安でしかたありません。

 

でも入院の準備もしたし、陣痛タクシーも予約したので少し心に余裕が出てきました。

初めてのことって不安ですが、準備とかイメトレをすることでだいぶ心が落ち着くものだなと思います。

最近精神的に不安定になった時も、自分を「ごきげん」にする方法という辻秀一さんのメンタルトレーニングの本で救われたりしたので

心を整えるって大事だなと感じました。

未来のことは色々不安ですが、その時になってみないと分からないので心配しすぎないようにしようと思います。

とにかく、無事に生まれてきてほしいです。

-高齢出産
-,

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5