妊娠

友人と出産時期が近かった!




妊娠5ヶ月の終わり頃、仲良しの友人グループにLINEで妊娠報告をしました。

私が報告した直後、もう一人の友人が「私も妊娠して6ヶ月だよ」と報告してくれたんです!

ビックリしました。

友人と一緒で心強い

その友人とは、海外旅行も一緒に行ったことのある仲なんです。

ちょうど1ヵ月、友人の方が早く産む予定だそうです。

こんなことってあるんですね~!

同じ時期に出産なんてすごく嬉しかったです。

電話で色々話した

それから一週間後くらいに、電話で色々話をしました。

そうしたらまたビックリすることが。

なんと、出産する病院が一緒だったんですー!

妊娠報告を受けた時から、「友人の家にわりと近い病院にしたから、もしかすると病院一緒かもな」と思っていたのですが

本当に一緒だったとは。

なんだか運命を感じてしまいます。

どんな風に産みたいとか、準備しないといけないこととか話をして私も勉強になりました。

今安定期なので、動けるうちに色々揃えておかないとですよね!

性別もお互い分かっていて、私は男の子、友人は女の子でしたよ。

「子ども同士で結婚するかなぁ?」

なんて言い合いました。

もちろん勝手に決めるわけにいかないですが、もしもそうなったら嬉しいです(笑)。

友人は今から、「お嫁に行きそびれないようにしなくっちゃ!」と心配していましたよ。

名前が決まっているといい

そして、もう名前も決めていました。

その名前でよく赤ちゃんに話かけているそうです。

これって良いな♪と思いました。

私達はまだ決まっていないので、「ベビちゃん」と呼んでいるのです。

これはこれで可愛いのですが、ちゃんと名前で呼んであげたいです。

姓名判断で名づけ

私達はコロナが落ち着いたら、姓名判断の先生のところに行って名前を決めてもらう予定です。

私も夫も個人的につけたい名前はあるのですが、画数や生まれる時期、父母の四柱推命などから

選ばれた「運勢の良い名前」をつけてあげたいなと思っているんです。

実際、夫が会社を新しくする時にも先生に会社名を決めていただいたのですが

名前を変える前よりもうまくいったので。

やっぱり名前って大切なんだなと思いました。

でも「どんな風に育ってほしい」とか、「こんな雰囲気の漢字を使いたい」とかは

いくつか考えていこうと思っています♪

先生のところに行くためには、ウィルスが早く落ち着いてくれないと……。

長引くようなら、リモートでできないか相談してみることにします。



-妊娠
-,

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5