妊娠初期

分娩する病院が決定!血液型RH-は大きな病院が安心




病院選びを迷っていて、夫や母に相談しながら「よし!ここにしよう!」と決めた病院にさっそく電話してみました。

憧れの個人医院

どんな病院かというと

  • 個人医院
  • 家からバスを使って30分ほど
  • 無痛分娩が可能
  • 立会い出産不可
  • 食事が豪華

が特徴の病院で、無痛分娩を取り扱っていて家から近いところというとここしかありませんでした。

夫に、「立ち会いたいよね?」と聞くと「立ち会えた方がいいけど、俺は産む時何もできないから自分が一番良くて気に入ったところでいいよ。」と言ってくれました。

なので、無痛分娩ができるということで電話したのです。

でも……。

受け入れができないと言われてしまいました。

まだ分娩予約の空きはあったのですが、念のためにと聞いた「血液型がRH-なんですけど」の言葉に受付の人は「うちは個人医院なので受け入れができません」とすぐに答えたのです。

そうか……。

聞いておいて良かったです。

私は子どもの頃から血液型はRH+だと思っていたのですが、2年ほど前の妊活を始める前に受けておいた風疹・麻疹のワクチンの時にRH-であることが判明したんです。

私の母や妹も+だし、信じられなくて別の病院で検査しても-という結果が出たのでした。

夫と母に相談

夫と母に相談すると、夫は「ちょっと遠くてもいいから他に探してみれば?」と言い、母は「血液に強い大きい病院がいいよ」と色々調べてくれました(泣)。

私は、問い合わせした病院がダメなら近所の無痛分娩が無い大きい病院にするしかないな……と思っていたのですが
正直あまりピンと来てはいなかったんです。

それで

  • 大きな病院
  • 血液などのリスクがあってもOK
  • 無痛分娩が可能
  • 立ち会い出産が可能

なところを調べてみると見つかったんです!

  • 大学病院
  • 血液科がある
  • NICUあり
  • 無痛分娩あり
  • 立ち会い出産あり
  • 家からバスと電車で30分ほど

NICUとは、赤ちゃんが何かあった時に入れる集中治療室のことです。
これもあった方が絶対に安心です。

通える距離だし、大きくて安心だしここにしました。

電話をして初診の予約も取れたのでホッとしました。
「血液型がRH-なんですけど受け入れていただけますか?」と聞いた時も「大学病院なので大丈夫ですよ」と優しく言ってもらえたのが嬉しかったです。

迷った時は相談が大切

結局、一番良い選択ができたので最初の病院に断られて良かったなと思いました。

でも一人で考えていたら、この病院に辿り着けなかったと思うので母と夫にはとても感謝しています。

感動で胸がいっぱいになってしまいました(大げさな感じもしますが、ホルモンのせいですかね)。

次は今通っているクリニックで心拍の確認です。

無事に育ってくれていますように。



-妊娠初期
-, ,

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5