不妊治療

【子宮内膜ポリープ手術】前の説明や費用




前回の人工授精で妊娠していれば、ポリープの手術の必要は無かったのですが……。
結局していませんでした(泣)。

もしかして!
と毎回思うのですが気のせいで、もう8ヶ月ほどが経っています。
8ヶ月前から自分で排卵検査薬を使って妊活し始め、2月末から不妊治療のクリニックへ通い始めました。

検査をしていく中で、まずは片方の卵管が詰まっていたことやポリープが2つあることが判明して卵管の詰まりは無くなったので様子を見ていましたが妊娠する気配はありません。

タイミング法の後に人工授精を2回しました。
人工授精で妊娠できる人はけっこう2回目までにできているというデータを見たので落ち込みましたが、もしかするとポリープが着床の邪魔をしているのかもしれません。

なので、来月はいよいよポリープを取ることになりました。
私のポリープは小さいものが2つできているようです。

小さいポリープだから、そんなに邪魔になっていないんじゃないか?とも思いますし先生にも言われました。
もしかすると受精卵が育たないのが原因かもしれません。

でもポリープが原因なら、取れば赤ちゃんができるはずです。

妊活中の気持ち

色々頭で考えたりネットで調べていると、どんどん気持ちが暗くなっていって良くないな……と感じることも多いです。

できることをやるしかないし、夫には「良いイメージを持たないと」と言われて「そうだよね!」と思うのですが

やっぱり不安になってしまう気持ちは心の奥底にいつもあります。

自分の気持ちを前向きにコントロールできればいいのですが、コントロールしようとすると自分の感情にフタをしてしまう感覚があって
それがストレスにならないかとまた不安になったり……。
難しいです。

でも妊活をしている人はみんな不安で、それが当たり前なんだなと分かってから少しだけ楽になりました。
自分の気持ちを大切にしていいんです。
何を思ってもいいんだって分かりました。

そこから前向きにできることをすればいいんですよね!
諦めたらそこで終わりです。
諦めないで、できることをやっていこうと思います☆

ポリープ手術前の説明

さて、来月の手術を控えて先日は病院に説明を聞きに行ってきました。
リスクの説明や、タイムスケジュール、ピルの説明などありました。

ピルは生理の3日目~手術の前日まで飲むそうで夕方がいいと言われました。

リスクを色々聞きましたが、とにかく手術はやるしかないので先生を信じて頑張るしかないです!

手術当日は、

  1. 朝の9時~病院に入る
  2. 子宮口を開かせる(棒のようなものを入れて開いていく)
  3. 静脈麻酔をしてポリープ切除

という流れのようで、終了は17時くらいのようです!!
手術時間自体は10分くらいですが、子宮口を開かせたり準備や点滴でそのくらいかかるらしくて驚きました。

麻酔で朦朧としてしまうかもしれないので、一人で電車はNGだそうです。
付き添いの人に来てもらうか、タクシーで帰らないといけないんですって。

私は夫が来てくれることになったので一安心でした。

手術の費用

費用は8万~10万円だそうです。
保険でできると聞いていたので、目玉が飛び出そうでした!

それで怖くなって、体外受精の費用も帰りに聞いてみたのですが……
採卵から子宮に戻すまでで全部で50万ほどかかるということを知りました。

全部で30万くらいかな?高いなー。
と思っていたらその上をいく金額でした。
今からお金を貯めておかないといけません。

病院によって費用って違うものですか?」と看護師さんに思い切って聞いてみたら、「違いますね~」という答えが返ってきました。
「どうしてですかね?設備や方法が違うのでしょうか?」とさらに聞くと「人件費だと思います……」と言われました。

本当に人件費だけの差なのでしょうか?
技術とか設備は関係ないのかな??と疑問に思ったので、今度は先生に聞いてみようかなとも思いました。

お金持ちならいいですが、50万といったら本当に大金です。
他にも病院を調べる必要があるかもなと思いました。

人工授精も3万円かかるし、私が行っている病院は高めの設定なのかもしれません。
技術のいいところに行きたいのが一番ですが、見極めは難しいですね。

だからみんな転院したりするのだなと思いました。

不安なことだらけですが、
ひとまずポリープの手術をしてから人工授精をまたしてみようと思っています。




-不妊治療
-, ,

© 2021 ママのいろいろ Powered by AFFINGER5